2015年02月05日

保険が適用されない歯科治療

歯の治療には保険が適用されるものとそうでないものがあります。
日常生活で普通に虫歯になったり、大きな事故などで顎の骨を一部失ってしまったというようなケースにおいてはほとんどの場合が保険適用となります。

それに対して「見た目が悪いからそれをキレイにしたい」といったような審美的な目的での治療に関しては保険が適用されません。

銀歯は保険で治せるけどそれを白くしたいなら保険が効かないといった感じです。


ですが保険が効かない治療は「自由診療」と呼ばれていて、歯科がその価格を自由に決定することができます。

なので現状ではものすごく高い料金に設定されていることがほとんどで、数十万円から数百万円といった金額であることが普通です。

これは実際の治療にかかるコストが高いのではなくて、その料金の大半は歯科の直接の儲けになります。

保険の治療だけでは歯医者さんは食べていけなくなっているのです。なのでその穴埋めとしてこういった自由診療を精力的に受け入れているのが現状の日本の歯科業界。

中でもインプラントは日本でだけこれほどまでに大きく取り上げられている治療法。

海外ではほとんど勧められることがないそうです。他のより安全で安価な治療で治すことができるからです。

ですがインプラントは外科手術になるということもあり、やはり先生の腕が大きく影響してきます。

なので莫大な金額を支払ってでもいい先生のところで治療を受けたいという患者が多いのも事実。

ただその莫大な金額がイコール歯科医の腕とはかぎりません。

なぜならそもそも町の小さな歯医者さんで行っていいような治療法ではないからです。

高い金額を取っているからといって安心はできません。

どうせインプラント治療を行うのであれば、設備の整った大学病院など専門的な場所で専門的な外科手術ができるお医者さんがいるような場所でのみ行うべきです。

今「見た目をキレイにしたいから」というような理由だけでインプラントを考えているのであれば、もう一度よく考えて、他の方法がないかも調べてから治療に踏み切るようにしたいものです。

前歯をインプラントにする費用
posted by ふすま at 14:50 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: