2015年02月03日

外科手術を歯科で行うということについて。

インプラントは素晴らしい治療法だと思います。

事故などで顎の骨が一部なくなった場合など、インプラントでの治療を行えば再びものをしっかりかむことができるようになるからです。

ですが審美的な目的のためにインプラントを選ぶのはどうでしょう?

もちろん素晴らしい歯科医がいて設備が整っている場所で治療を受けるのであれば問題はないと思います。

ただこれは「外科手術」という形であることを忘れてはいけないと思います。

その辺の町の歯医者さんで外科手術を行う。そう聞くと不安になりませか?

歯科業界でも「一歯科で手術を行えるようにしたのは問題があるんじゃないか?」という声があります。

ですが現状の歯科業界では「自費診療をどんどん受け入れて稼ぐしかない」といった背景があります。

患者の数に対して歯科医院が飽和している状態。

ただの虫歯治療だけでは歯医者さんたちは食べていけなくなっているのです。

そのため自費診療で高額な料金設定にするしかなくなっているというわけです。

実際にインプラントやオールセラミックといった自由診療にかかるコストというのはそんなに大きなものでもありません。

その値段を引き下げ始めてしまうと審美的な目的でインプラント治療を行う意味がなくなってしまうからです。

事実海外ではインプラントを日本のように推奨していたりしません。

日本の歯科業界が特殊なので、独自に進んできた結果こうなっているというだけ。

もし事故などで顎の骨を失ってしまって仕方なく、、、というわけではないのであれば。

審美的な目的でインプラント治療を受けようか考えているのであれば。

他にもたくさんの方法があるので、もう一度よく検討してみることをおすすめします。

前歯をインプラントにする費用
【日記の最新記事】
posted by ふすま at 14:53 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: